<< 「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”(産経新聞) | main | 「普天間」打開へ直談判 米国務次官補 小沢氏の腹探る(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<人骨>日本最古2万年前 沖縄・石垣島(毎日新聞)

 沖縄県・石垣島(石垣市)白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡から、約2万年前の後期旧石器時代の人骨が見つかった。4日発表した沖縄県教委によると、放射性炭素同位体の割合などから年代を調べる「放射性炭素年代測定」によって直接測定し、年代を特定した人骨としては日本最古。専門家は、日本人のルーツを探る手がかりになりうるとしている。

 これまで日本最古とされてきた那覇市の山下町第1洞穴の人骨(約3万2000年前)は一緒に出土した炭化物の測定を基にした間接的な年代特定だった。直接測定した人骨の国内最古例は浜松市で出土した人骨(約1万4000年前)で、石垣島の人骨は約6000年さかのぼる。

 新石垣空港建設予定地内の発掘調査で見つかった。沖縄県や琉球大、東大などの共同研究チームが人骨6点を測定し、このうち頭頂部の骨片(約8センチ×約11センチ)が約2万年前の20〜30代前半の男性の骨と判明した。他の骨2点も約1万8000年前の成人と、約1万5000年前の成人男性と分かった。

 東京大大学院の米田穣(みのる)准教授(先史人類学)は「旧石器時代に石垣島に人類が住んでいたことが裏付けられた。まだ多数の人骨が残っている可能性があり、更に詳しい調査を進めることで、日本人のルーツを探る手がかりにつながる」と話している。【三森輝久】

【関連ニュース】
今週の本棚:張競・評 『人種主義の歴史』=ジョージ・M・フレドリクソン著
インタビュー:本の時間・植物対談(1)いとうせいこう×竹下大学(育種家)(2/3ページ)

雪の影響で48人負傷=転倒し10人骨折−東京消防庁(時事通信)
<東海道新幹線>運転を見合わせ 品川−小田原駅間で停電(毎日新聞)
小沢氏の進退「本人が判断すること」…首相(読売新聞)
石川知裕被告を保釈 保釈金1200万円(産経新聞)
<参院代表質問>首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • 05:08
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較
情報商材
サイドビジネス
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM